第一話:もっこの恩返し

もっこは3才まで喋れませんでした。お母さんは3才過ぎても話せなかったら、お医者さんに行こうと考えていました。
3才の誕生日を迎える少し前のある日、もっこはお母さん猫に言葉を教えてもらい、生まれて初めて『ニャン』と言えました。でも、それからまた、何も言えませんでした。しばらくすると今度は、お父さん犬が言葉を教えてくれ『ワン』と言うことが出来ました。もっこは言葉を教えてくれたお父さん犬とお母さん猫に恩返しをしたくなりました。

 その2へ
トップページ12345678910111213141516171819202122232425 |